スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリシー・フレーズ~警句と思想~(前編)

前書きと目次



まえがき

(Prelude Mortal)


『自分を押し殺して人に愛される』のと『人に嫌われても自分らしくある』のと、どちらが幸せなのだろう。

人は事あるごとに、こういう悩みに苦しめられる。
やがてどちらかを選ぶが、どっちにしろ、上手くいく時もあれば上手くいかない時もある。
そう、正解なんてないのだ。
ということは、上手くいった理由・いかなかった理由もないってことだ。
何かあることをしたからっといって必ずそういう結果になる、なんて事柄はこの世の中に一つもない。
『自分を押し殺して人に嫌われる』こともあれば『自分らしくして人に愛される』こともある。
なぜ予想通りの結果にならないのか。それは一つの結果が生まれるには無数の原因が絡み合っているからだ。
これらの原因をひとりの人が自分の力で揃えようとしても無理がある。
好きな相手を絶対に落とせるテクニックを持っていたとしても、相手に既に運命の人がいればどうしようもない。
どうやっても上手くいく時・いかない時がある。
だったら、いつもどうするか、自分のルールを決めておいたら良いんじゃないか。
どうせ何をやっても、思い通りの結果になるのかどうかはわからない。
それなら、せめて悩み迷いからは解放されたい。思い切れる自分になりたい。
だから自分だけのルールを、『フレーズ(きちんとしたことばの組み合わせ)』にして持っておく。
そうすれば、どうすればいいのと焦ることなく、すぐに前へと進むことができる。
本当はみんな、失敗を恐れて悩み迷うより、先きのことは気にせずにブレない自分を持って突き進んだ方が良い結果になることを知っている。
いつも同じ的をねらっている方が当たる確率も高いということを知っている。
だから自分を後押しすることば、自分だけのルールが必要なのだ。

ただ自分だけのルールを決めるのに、また悩んでしまっては意味がない。
そこでちょっとした「お遊び」を用意した。
<『自分は探すものではなく、(  )ものである。』
このカッコの中に入ることばを思い浮かべてみよう。>
というような。
人は遊んでいる時に自分の地(じ)が出る。
その遊びが少し刺激的なら尚更に地が出る。
人は刺激の中で自分というものを見いだす。それが自分だけのルールにつながる。
親や先生に反対されることで本当に自分のやりたいことが見えて来るのと同じだ。
そう、この「お遊び」の中には「今までのあなた」に反対を唱えるフレーズも出てくる。
例えば『浮気する人は素晴らしい能力の持ち主だ』というような。
しかし、そうやって刺激されるからこそ自分のあるべき姿がつくりあげられる。
自分はここにいるのだから探す必要はない。『自分は探すものではなく、つくるもの』なのである。
何によって。ことばによって。

ことばには不思議な力がある。
ことばひとつで何ら状況が変わっていなくても、落ち込んだり勇気が湧いたりする。
自分だけのルールを持ち、自分をつくりあげるには、このことばの力を借りた方が良い。
この本のタイトルに『ポリシー・フレーズ』と入れたのはそれが理由だ。
『ポリシー』だけなら内容だけが重視されてしまう。そうではなくて、その表現にもこだわったほうがいい。
だから、自分だけのルールを『ポリシー・フレーズ』と呼んだ。
ことばを磨くことでつくりあげられた『ポリシ?・フレーズ』こそが、自分の「心(しん)」を支えてくれるのだ。

この本には深い問題から日常の細かなことまで、様々に自分のルールを決めるヒントがある。
そのヒントは80数個の項目に別れた243の『ポリシー・フレーズ』で表されている。
どこから読んでもらっても構わないので、興味を持った項目からページをめくってほしい。
各『ポリシー・フレーズ』は空欄形式のことばパズルになっていて、解説や正答例もついている。
空欄に入ることばは考えてもいいし、すぐに正答例を見ても良い。
大事なのは、空欄に入る答えを考えることではなく、自分が素直にどう感じたかだ。
ここにある『ポリシー・フレーズ』をそのまま自分だけのルールにしても良いし、そうしなくても良い。
いずれにせよ、本当の正答はあなたの中にしかない。
その正答があなたに力を与えるのなら、ちょっとしたヒマつぶしを提供するエンターテイメントであるこの本も、『人に嫌われても自分らしくある』ことを選んだ芸術として、世に認められるであろう。


  ○  ○


目次

(Capsules)

前編
○ことば(1) ○周囲の意見 ○他人の経験・自分の経験 ○信じるということ ○他者を想う ○プライドとジェラシー ○関係としての愛 ○愛情と友情 ○下心 ○カップル ○結婚 ○魅せる ○浮気 ○傷つきやすい心 ○占いと血液型 ○ことば(2) ○成功と失敗(1) ○勝負 ○基本 ○チャンス ○運 ○プロ ○ボランティア ○技術 ○仕事の選択 ○専門家 ○ルール ○人に教えるという羞恥心 ○人に教わるという謙虚心

中編
○成功と失敗(2) ○出会い ○マネー ○奢るのが当然か ○食事 ○坐る・立つ・歩く ○眠り ○夢 ○家 ○身を洗う ○お買い物 ○贈り物 ○別れ ○選択・判断(1) ○情報 ○質問 ○庶民のビジネス ○約束 ○嘘 ○ムダなオシャベリ ○年齢を訊かれて ○見た目 ○相談を受ける ○熱意はあるのだが ○読書 ○英語 ○忘却 ○後悔

後編
○選択・判断(2) ○2種類の人(1) ○私(1) ○品格 ○寛容 ○批判 ○愚か者 ○理想・目標 ○自由 ○危機 ○T.P.O. ○直感 ○孤高 ○神 ○ことば(3) ○2種類の人(2) ○私(2) ○真実は見えるか ○論理 ○親の立場 ○子の立場 ○生きて... ○老いて... ○病いを得... ○死ぬ ○死ぬよりもつらいこと ○根本思想 ○感動 ○前を向く


※饗庭の著作は記事ごとの販売です。下の「この記事のみ購入する」をクリックしてください。各月発行のブロマガには対応していません。
  ↓ ↓
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。