新大学入試:センター試験廃止、新テスト導入へ

教員研修資料:新テスト導入について<2015/6/30>
                          
 現行のセンター試験を廃して、新たに以下の2つの新テストを導入する予定。

「高校基礎学力テスト(仮称)」
「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」

(※以下、前者を基礎テスト、後者を評価テストと呼称)


【1】大学入試改革スケジュール案

2016年度(2017年春)までに作問イメージの公表
2017年度に新テストを勘案した学習指導要領を告示
2018年度(2019年春)までにプレテストの実施・結果反映 ※1
2019年度に基礎テスト導入
2020年度(2021年春)に評価テスト導入 ※2
☆現在の中学1年生が高校2・3年の時に新テスト導入
※1 基礎テストのプレテスト。評価テストのプレは2019年度まで。
※2 個別の大学入試も新テストを活用し、多元的な評価を実施するよう求めているが、多元的な評価については新テスト導入以前でも可能な限り実施するよう求めている。


【2】概要

<1>基礎テスト

 高校2年生と3年生の希望者を対象に、夏と秋の年2回程度実施する。
 主に高校1年で履修する範囲の基礎問題を中心に出題する。その出題方式はCBT方式(Computer Based Testing)というパソコンを用いた多肢選択式問題となる。
 まずは国語・数学・英語の3教科で実施し、理科・社会は現在改定作業中の新学習指導要領の実施に合わせ、2023年度以降に導入する。
 結果は10段階以上のレベル別に示す。これによって、高校生各人の基礎知識の定着度を明示する。また、「入試が機能していない」大学が入学選抜の参考資料に活用することも想定する。


<2>評価テスト

 従来のセンター試験に相当する。したがって、各大学の個別試験を受ける前の共通一次試験としての位置づけである。以下、これまでの入学試験との違いを挙げる(但し、あくまで検討事項)。
・ CBT方式を採用。
・ 加えて、記述問題を導入。
・ 年複数回実施(従来のセンター追試験などではなく、純粋に複数回受験可能)。
・ 思考力・判断力・表現力の評価。すなわち、知識を組み合わせるといった意味での思考力ではなく、創造性をもった「思考力」を評価する。また、自ら問題・課題を発見し、解決策を見出すという意味での「判断力」や、その成果を示す「表現力」を評価する。
・ 上記の能力を評価すべく、問題はPISA型を想定(【4】PISA問題例を参照)。
・ 出題教科・科目の再編。科目横断的な問題や総合的な問題の出題。たとえば、政治経済と世界史と日本史をミックスしたような科目。また、英語を「読む」「書く」「聞く」「話す」に細分化して別日程で試験を実施。一方で、情報リテラシーを見る新科目を設定。


<3>個別の大学入学試験

 上記の新テスト導入に合わせて、各大学の個別の入学者選抜についても、国の目指す「学力三要素」を踏まえた多面的な選抜方法をとるよう大学側に求める。

   〔学力三要素〕
  ① 基礎的な知識及び技能
  ② ①を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等の能力
  ③ 主体的に学習に取り組む態度


 具体的には、一般入試・推薦入試・AO入試の区分を廃止して、志願者全員に共通する新たな選抜方式を構築。その選抜方式に口答試問、面接、論文、辞書持ち込み可能な英語の試験などを採用。

☆「暗記した知識の単純な運用」のみを問う試験制度を改め、「主体的に思考し判断するための知能」を問う試験制度へ。


【3】背景

・ 大学乱立と少子化による下位大学での学生の幼稚化。
・ 暗記偏重の入試による中・上位大学学生の「主体的な思考力」「論理的な創造力」「現実的な判断力」の欠如。
・ 大学の高校教育への不信。そして、社会の大学教育への不信。
☆教育システムが機能していない。


【4】PISA問題例

 OECD(Organisation Economic Co-operation and Development 経済協力開発機構)によるPISA(Programme for International Student Assessment 国際生徒評価のためのプログラム)とは、加盟各国の15歳3カ月から16歳2カ月の生徒を対象に実施される。
 調査は、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシー、デジタル読解力、デジタル数学的リテラシーといったテーマで実施される。
 試験方式は選択式・記述式が併用される。また、問題は必ずしも正解が1つに決まるものばかりではなく、答えに至る理由付けが適切であれば、複数の正解があるものもある。
 なお、PISAは日本では『OECD生徒の学習到達度調査』と呼称される。

《 問題例 》


(参考・引用)
・ 文部科学省 中央教育審議会 高大接続特別部会 配布資料
・ 河合塾 大学入試情報『大学入試新テスト導入へ 中教審が答申』2014/12/16
・ 毎日新聞(2015/6/18) <新大学入試>記述式採用へ 思考力重視で20年度から
・ 文部科学省 国立教育政策研究所 『OECD 生徒の学習到達度調査~PISA 調査問題例~』
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ