史記:孫子呉起列伝〔孫武〕

『史記-列傳[孫子呉起列傳]』より孫武の伝記部分を抜粋

 孫子武は、斉人なり。兵法を以て呉王闔廬[こうりょ]に見[まみ]ゆ。
 闔廬曰く、「子の十三篇、吾尽く之を観たり。以て小[すこ]しく兵を勒[ろく]するを試みるは可なるか」。對えて曰く、「可なり」。闔廬曰く、「試みるに婦人を以てするは可なりか」。曰く、「可なり」。是に於いて之を許し、宮中の美女を出だして、百八十人を得たり。
 孫子、分かちて二隊と為し、王の寵姫[ちょうき]二人を以て各々隊長と為し、皆に戟[げき]を持たしむ。之に令して曰く、「汝、而[なんじ]の心[むね]と左右の手と背を知るか」。婦人曰く、「之を知る」。孫子曰く、「前には、則ち心を視よ。左には、左の手を視よ。右には右の手を視よ。後ろには、即ち背を視よ」。婦人曰く、「諾」。約束既に布かれ、乃ち鈇鉞[ふえつ]を設け、即ち之に三令五申す。
 是に於いて之を右に鼓す。婦人大いに笑う。孫子曰く、「約束明らかならず、申令熟せざるは、将の罪なり」。復た三令五申して之を左に鼓す。婦人復た大いに笑う。孫子曰く、「約束明らかならず、申令熟せざるは、将の罪なり、鼓既に已[すで]に明らかにして而[しか]も法の如くにせざるは、吏士の罪なり」。乃ち左右の隊長を斬らんと欲す。
 呉王、臺上[だいじょう]より観、且[まさ]に愛姫を斬らんとするを見て、大いに駭[おどろ]き、趣[すみやか]やかに使いをして令を下さしめて曰く、「寡人、已に将軍の能く兵を用うるを知れり。寡人、此の二姫に非ずんば、食するも味わいを甘しとせず、願わくは斬る勿れ」。孫子曰く、「臣、既に已に命を受けて将為り。将、軍に在りては、君命も受けざる所有り」。遂に隊長二人を斬り以て徇[かな]う。其の次を用って隊長と為し、是に於いて復た之を鼓す。婦人、左右前後跪起[きき]し、皆、規矩縄墨[きくじょうぼく]に中[あた]り、敢て声を出だすもの無し。
 是に於いて孫子、使いをして王に報ぜしめて曰く、「兵既に整斉[せいせい]たり。王、試みに下りて之を観る可し。唯だ王の之を用いんと欲する所、水火に赴くと雖[いえど]も猶[な]ほ可なり」。呉王曰く、「将軍、罷[や]めて休し舎に就け。寡人、下りて観るを願じ」。孫氏曰く、「王、徒に其の言を好み、其の実を用うるを能わず」。
 是に於いて闔廬、孫子の能く兵を用うるを知り、卒[つひ]に以て将と為す。西のかた彊楚[きょうそ]を破りて、郢[えい]に入り、北のかた斉・晋を威して、名を諸侯に顕ししは、孫子與[よ]りて力有り。


(注)
* 戟[げき] = 武器の一種。槍のような武器の横に刃を付けたもの。
* 鈇鉞[ふえつ] = 鈇はおの、鉞はまさかり。
* 規矩縄墨[きくじょうぼく] = 規は定規、矩はコンパス、縄墨はすみなわ。規定通りで乱れがないということ。



 孫子の名は孫武で斉の国の人である。その軍略によって呉王の闔閭[こうりょ]に会うこととなった。
 闔閭は言う。『君が著した十三篇の兵法書、それを尽く読んだ。その兵を統御する法を少し試してみたいのだが、できるか』。答えて言うには『できます』。 闔閭が言う。 『婦人で試すことはできるか』。答えて『できます』。 そこで宮中の美女百八十人でもって試させた。
 孫子はこれを二隊に分け、呉王の寵愛する美女ふたりを各隊の隊長とし、皆に戟を持たせて法令を布いて言う。『君らは自分の胸、左右の手、背を分かっているか』。婦人たちが答える。『分かっています』。孫武は言う。『それでは前と言えば胸を見よ、左と言えば左手を見よ、右と言えば右手を見よ、後と言えば背を見よ』。 婦人たちは言う。『分かりました』。 そのことを約束させて決まりとし、刑罰に使う斧とまさかりを設け、三回の命令と五回の説明を行った。
 そこで合図の鼓を鳴らして右と言ったが、婦人たちは大笑いした。 孫子は言う。『約束が明らかではなく、命令が行き届かぬのは将軍の責任である』。 再び三回の命令、五回の説明を行い、鼓を鳴らして左と言ったが、美女たちはまた大笑いした。孫子が言う。 『約束が明らかではなく、命令が行き届かぬのは将軍の責任である。しかしながら既に明らかなのに従わないのは、命令を受けたものの罪である』。というわけでふたりの隊長を斬ろうとした。
 台上から見ていた呉王は、今まさに斬られようとしている愛人を見て、大いに驚き、すぐに使者を派遣して命令としてこう言わせた。『私は君に将軍として兵を統率する能力があるのがもうよく分かった。私はそのふたりがいなければ、食事も美味くない。お願いだから斬らないでくれ』。孫子は言う。『私は主君の命令を受けて将軍と為りました。将軍として軍に在るときは、主君の命令でも受けられないことがあります』。そうしてふたりの隊長を斬り、その旨を皆に知らしめた。 そして新たな隊長を選び、再び鼓を鳴らして命令を下した。 婦人たちは前後左右の動きを整然と規律通り行い、誰一人として声を発する者はなかった。
 そうして孫子は王に使者を送り報告として言う。『兵は既に整いました。王にはこちらへ下りて兵を見ていただき試すことができます。 ただただ王が望ように、彼女らに火の中・水の中に行けと言っても、彼女らは行くでしょう』。呉王が言う。『将軍、任を解くから宿舎に帰って休まれよ。私は下りて見る気にはならぬ』。 それを聞いて孫子は言った。『 王はただ言辞だけを好んでいる。実際にはできないのでしょう』。
 しかしながらこれによって闔閭は孫子の才能を知り、正規の将軍として用いることにした。 後に西の強国である楚を破ってその都である郢を落とし、更に北の大国であった斉・晋を威圧してその名を天下に轟かせたのは、 孫子の力に因るところが大きいのであった。

※上記の文章は書き下し文・訳文とも、編集者のチェックが入っておりませんので不完全です。下記の書籍を参照していただければありがたいです。

☆饗庭の「孫子」本
『進路に悩んだら読む
 16歳からの「孫子」
(彩流社)
ジュンク堂はじめ全国の大型書店やブックファーストにて絶賛発売中!


☆饗庭の面接本
『堂々面接回答 ザ・クール・アンサー』(新曜社)
ジュンク堂はじめ全国の大型書店や各大学の生協にて絶賛発売中!


プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ