孫子 十三.火攻(前半)

 孫子曰く、
 凡そ火攻に五あり。一に曰わく火人、二に曰わく火積、三に曰わく火輜、四に曰わく火庫、五に曰わく火隊。
 火を行なうには因あり、因は必ず素より具[そな]う。火を発するに時あり、火を起こすに日あり。時とは天の燥[かわ]けるなり。日とは宿の箕・壁・翼・軫に在るなり。凡そ此の四宿の者は風の起こるの日なり。
 火の内に発するときは則ち早くこれに外に応ず。火の発して其の兵の静かなる者は、待ちて攻むること勿く、其の火力を極めて、従うべくしてこれに従い、従うべからざれば止む。火の外より発すべくんば、内に待つことなく、時を以てこれを発す。火の上風に発すれば、下風を攻むること無かれ。昼風は久しければ、夜風は止む。凡そ軍は必らず五火の変あることを知り、数を以てこれを守る。
 故に火を以て攻を佐[たす]くる者は明なり。水を以て攻を佐くる者は強なり。水は以て絶つべきも、以て奪うべからず。


 孫子は言った。
 およそ火攻めには五つの標的がある。人の居る営舎に火を放つ。積み上げられた物資に火を放つ。移動中の輸送車に火を放つ。物資の有る保管庫に火を放つ。相手の行く手を阻むよう火を放つ。
 火攻めを行うには工作員がいる。工作員は必ずあらかじめそろえておく。火を放つに良い時節というのがある。火を放つに良い日というのがある。良い時節というのは天気が乾燥しているとき。良い日というのは月が星座の箕・壁・翼・しんの位置にあるとき。この四つの日は風の起こりやすい日なのだ。
 火が潜入した工作員より放たれれば、外で待機している隊はそれに応じ攻める。火が放たれたのに相手が静かなら攻めず、その火の勢いを見極めて、その勢いに乗じることができそうなら攻め、乗じることができないのなら攻めるのをやめる。火を外から放つことができるのなら、潜入者が放つのを待つことなく、時を見計らって放つ。火が風上から放たれたら、風下から攻めてはならない。昼間に風がずっと吹いていれば、夜には風がやむ。およそ火攻めには必ずこの五つの対応があるのを理解し、技術をもって事をやり遂げるのである。
 こうして、火を使って攻撃の助けとするのは賢明なことだ。水を使って攻撃を助けることは確かに強大な力となる。が、水攻めは相手を分断することはできても、力を奪うことはできない。

   ※ 後半の記事へは次の記事をクリック ↓↓
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ