孫子 十二.用間(前半)

 孫子曰く、
 凡そ師を興こすこと十万、師を出だすこと千里なれば、百姓の費、公家の奉、日に千金を費し、内外騒動して事を操[と]るを得ざる者、七十万家。相い守ること数年にして、以て一日の勝を争う。
 而るに爵禄百金を愛んで敵の情を知らざる者は、不仁の至りなり。人の将に非ざるなり。主の佐に非ざるなり。勝の主に非ざるなり。
 故に明主賢将の動きて人に勝ち、成功の衆に出ずる所以の者は、先知なり。先知なる者は鬼神に取るべからず。事に象るべからず。度に験すべからず。必らず人に取りて敵の情を知る者なり。
 故に間を用うるに五あり。郷間あり。内間あり。反間あり。死間あり。生間あり。五間倶に起こって其の道を知ること莫し、是れを神紀と謂う。人君の宝なり。
 生間なる者は反[かえ]り報ずるなり。 郷間なる者は其の郷人に因りてこれを用うるなり。内間なる者は其の官人に因りてこれを用うるなり。反間なる者は其の敵間に因りてこれを用うるなり。死間なる者は誑[きょう]事を外に為し、吾が間をしてこれを知って敵に知らしめ、もって敵に待つ者なり。


 孫子は言った。
 およそ軍を興せば十万人、軍を出せば一千里、民の負担、公の支出は、日に千金、国民皆が慌ただしく動き、道路整備に疲れ果て、動員される世帯は七十万戸。相手とにらみ合うこと数年、勝利は一日して決まる。
 それほど大変なことなのに褒美・褒賞の百金を惜しんで、相手の情報を得ようとしないのは国民を思いやる気持ちのまったくない最高に不誠実なことである。それでは人の上に立つ者とは言えず、主を補佐する者とは言えず、勝利を手にする者とは言えない。
 だから、聡明な主・賢明な指揮官が行動を起こして勝利し、抜きん出た成功を収めるのは、あらかじめ相手の情報を得ることになる。相手のことをあらかじめ知る者は、知るべきことを神に教えてもらったわけでなく、天変地異の前触れによって知ったのではなく、占星術で知ったわけでもない。必ず人の知性によって知ることができるのである。
 そこで諜報員を使うには五種類のやり方がある。民間諜報員、内部諜報員、二重諜報員、偽装諜報員、専属諜報員である。これら五種の諜報員が同時に活動を起こし、お互いのことは知らない、これぞ神のごとき起用法と言う。人の上に立つ者が大切にすべき方法だ。
 専属諜報員とは、相手のところへ潜入し帰ってきて情報を報告する者のことである。民間諜報員とは、相手の国の民間人で諜報員となる者のことである。内部諜報員とは、相手の国の官僚で諜報員になる者のことである。二重諜報員とは、相手の諜報員でこちらの諜報員になる者のことである。偽装諜報員とは、偽装行動を軍に起こさせ、その情報をこちらを裏切って相手に通報したかのように見せかけ、それで相手を待ち伏せして叩くという作戦を命をかけて担う者のことである。

   ※ 後半は次の記事をクリック ↓↓
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ