孫子 十一.九地(前半)

  孫子曰く、
 兵を用うるには、散地あり、軽地あり、争地あり、交地あり、衢[く]地あり、重地あり、ひ[土偏に已]地あり、囲地あり、死地あり。
 諸侯自ら其の地に戦う者を、散地と為す。人の地に入りて深からざる者を、軽地と為す。我れ得たるも亦た利、彼得るも亦た利なる者を、争地と為す。我れ以て往くべく、彼れ以て来たるべき者を、交地と為す。諸侯の地四属し、先ず至って天下の衆を得る者を、衢地と為す。人の地に入ること深く、城邑に背くこと多き者を、重地と為す。山林・険阻・沮沢、凡そ行き難きの道なる者を、ひ[土偏に已]地と為す。由りて入る所のもの隘く、従って帰る所のもの迂にして、彼れ寡にして以て吾の衆を撃つべき者を、囲地と為す。疾戦すれば則ち存し、疾戦せざれば則ち亡ぶ者を、死地と為す。
 是の故に、散地には則ち戦うこと無く、軽地には則ち止まること無く、争地には則ち攻むること無く、交地には則ち絶つこと無く、衢地には則ち交を合わせ、重地には則ち掠め、ひ[土偏に已]地には則ち行き、囲地には則ち謀り、死地には則ち戦う。
 古えの善く兵を用うる者は、能く敵人をして前後相い及ばず、衆寡相い恃まず、貴賎相い救わず、上下相い扶けず、卒離れて集まらず、兵合して斉わざらしむ。利に合えば而ち動き、利に合わざれば而ち止まる。
 敢えて問う、敵 衆整にして将[まさ]に来たらんとす。これを待つこと若何。曰わく、先ず其の愛する所を奪わば、則ち聴かん。兵の情は速を主とす。人の及ばざるに乗じて不虞の道に由り、其の戒めざる所を攻むるなりと。
 凡そ客たるの道、深く入れば則ち専らにして主人克たず。饒野に掠むれば三軍も食に足る。謹め養いて労すること勿く、気を併わせ力を積み、兵を運らして計謀し、測るべからざるを為し、これを往く所なきに投ずれば、死すとも且[は]た北[に]げず。士人 力を尽す、勝焉んぞ得ざらんや。兵士は甚だしく陥れば則ち懼れず、往く所なければ則ち固く、深く入れば則ち拘し、已むを得ざれば則ち闘う。是の故に其の兵、修めずして戒め、求めずして得、約せずして親しみ、令せずして信なり。
 祥を禁じ疑いを去らば、死に至るまで之[ゆ]く所なし。吾が士に余財なきも貨を悪[にく]むには非ざるなり。余命なきも寿を悪むには非ざるなり。令の発するの日、士卒の坐する者は涕[なみだ] 襟を霑[うるお]し、偃[えん]臥する者は涕 頤[あご]に交わる。これを往く所なきに投ずれば、諸・歳の勇なり。
 故に善く兵を用うる者は、譬えば率然の如し。率然とは常山の蛇なり。其の首を撃てば則ち尾至り、其の尾を撃てば則ち首至り、其の中を撃てば則ち首尾倶に至る。
 敢えて問う、兵は率然の如くならしむべきか。曰わく可なり。夫れ呉人と越人との相い悪むや、其の舟を同じくして済[わた]りて風に遭うに当たりては、其の相い救うや左右の手の如し。是の故に馬を方[つな]ぎて輪を埋むるとも、未だ恃むに足らざるなり。勇を斉[ととの]えて一の若くにするは政の道なり。剛柔皆な得るは地の理なり。故に善く兵を用うる者、手を攜[たずさ]うるが若くにして一なるは、人をして已むを得ざらしむるなり。


 孫子は言った。
 地形は隊の助けになる。よって、その利用する方法として、郷内、境界付近、重要拠点、交流点、要衝、異郷中央、難所、隘路(あいろ)、逃げ場のないところ、この九つの地点について考える必要がある。
 自分の領土内で戦うのを、郷内と呼ぶ。他の領土に入るも深く進んでいないのを、境界付近と呼ぶ。こちらが得れば利があり、相手が得ても利があるところを、重要拠点と呼ぶ。こちらから自由に行ける、相手からも自由に行ける、そこを交流点と呼ぶ。他の国と三方で接していて、先に着けば各国と誼(よしみ)を通じることができる、そういうところを要衝と呼ぶ。他の領土に深く入って、多くの城に取り囲まれている地点を、異郷中央と呼ぶ。山林や沼地を行き、およそ進むに困難なところを、難所と呼ぶ。入るのに狭く、帰りは遠回り、相手が少人数でもこちらの大人数を打ち破ることのできるところを、隘路と呼ぶ。動きが早ければ生き残れるが、動きが遅ければ死ぬ、それが逃げ場のないところだ。
 したがって、郷内では戦わず、境界付近では足を止めてはならず、重要拠点では攻めてはならず、交流点では隊を切らせてはならず、要衝では周辺国と親交を結び、異郷中央はさっさと通り過ぎ、難所は立ち去り、隘路では策略をめぐらし、逃げ場のないところでは戦う。
 いわゆる昔の戦いの巧みな者は、相手の前と後ろが連携しないように、多数と少数が助け合わないように、格上の者と格下の者とが救い合わないように、指揮する者と従う者が支え合わないように、集団が離散して集合しないように、人数が集まってもまとまらないように仕向けた。有利であれば動き、有利でなければ動きを止めたのだ。
 あえて問おう。相手が人数も多く整然としてやってきたなら、どのようにしてこれを待てばよいか。答えよう。相手が大切にしているところを奪えば、相手はこちらの意のままとなる。隊の実情としては迅速を旨とする。相手が準備し切れていないところに乗じて、相手が思い寄らない手を使い、相手の警戒していないところを攻めるものなのだ。
 およそ他国へ侵入する場合、深く入っていけば皆結束するから、相手は勝てない。肥沃な場所で調達すれば、全員の食糧も足りる。注意深く体を養わせて疲労させることなく、気持ちを合わせて力を蓄え、隊を移動させては策略をめぐらせ、その意図を味方にも予測できないようにし、そうして隊を逃げ場のない追い込まれたところに投げ込めば、死ぬことはあっても逃げはしない。どうして必死にならないことがあろうか。全員が死力を尽くすのである。人はあまりに危険な状態に陥れば返って懼(おそ)れることのないもの、逃げ場がなければ決意を固め、深く他国へ入り込めばまとまり、追い詰められれば戦うものだ。だから、上の者がしつけなくとも下の者は自ら戒め、上の者が求めなくとも下の者は自ら動き、何の約束事がなくとも皆が親しみ合い、命令しなくても信用できる。
 占いを禁じて下手な疑いを取り除くなら、下の者は死ぬまで逃げたりはしない。彼らが余計なお金を持っていないからといって、財貨を憎んでいるわけではない。余計に生きることを望まないからといって、長生きを憎んでいるわけではない。ひとたび命令が発せられる日には、座っている者は涙で襟を濡らし、伏せている者は涙が頬の下へと流れる。こうして逃げ場のないところへ投げ込み追い詰めれば、歴史上の勇者である専諸・曹歳(せんしょ・そうけい)のように勇敢となるのだ。
 そこで人を率いるのに巧みな者は、たとえるなら卒然のようにする。卒然とは常山に棲む蛇のこと。その首を撃てば尾が襲い掛かり、その尾を撃てば首が襲い掛かり、その胴を撃てば首と尾の両方が襲い掛かってくる。
 ではあえて問おう、隊を卒然のようにすることができるのか。答えよう。可能である。越の国の人と呉の国の人は互いに憎み合っているが、同じ舟に乗って大河を渡るためとあっては、お互い助け合うこと左右の手のようである。これだから、馬を杭につなげ車輪を埋めて固定しても、まだ頼みになるわけではない。頼みになるのは全員の勇気を奮い立たせて一つにまとめること、それが統御のやり方なのだ。剛強な者も柔弱な者も力を発揮するのは、地形を読んでいるからだ。だから、戦いの巧みな者は、隊を一致団結させること一人の人間であるかのようにするのだが、それはそうならざるを得ない状況に皆を追い込むからなのである。

   ※ 後半へは次の記事をクリック ↓↓
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ