孫子 九.行軍(前半)

 孫子曰く、
 凡そ軍を処[お]き敵を相[み]るに、山を絶つには谷に依り、生を視て高きに処り、隆[たか]き戦いては登ること無かれ。此れ山に処るの軍なり。
 水を絶てば必らず水に遠ざかり、客の水を絶ちて来たらば、これを水の内に迎うる勿く、半ば済[わた]らしめてこれを撃つは利なり。戦わんと欲する者は、水に附きて客を迎うること勿かれ。生を視て高きに処り、水流を迎うること無かれ、此れ水上に処るの軍なり。
 斥沢を絶つには、惟だ亟[すみや]かに去って留まること無かれ。若し軍を斥沢の中に交うれば、必らず水草に依りて衆樹を背[はい]にせよ。此れ斥沢に処るの軍なり。
 平陸には易に処りて而して高きを右背にし、死を前にして生を後にせよ。此れ平陸に処るの軍なり。
 凡そ此の四軍の利は、黄帝の四帝に勝ちし所以なり。
 凡そ軍は高きを好みて下[ひく]きを悪[にく]み、陽を貴びて陰を賎しむ。生を養いて実に処り、軍に百疾なきは、是れを必勝と謂う。丘陵堤防(堤はこざとへん)には必らず其の陽に処りて而してこれを右背にす。此れ兵の利、地の助けなり。
 上に雨ふりて水沫至らば、渉らんと欲する者は、其の定まるを待て。
 凡そ地に絶澗・天井[せい]・天牢・天羅・天陥・天隙あらば、必らず亟かにこれを去りて、近づくこと勿かれ。吾れはこれに遠ざかり、敵にはこれに近づかしめよ。吾れはこれを迎え、敵にはこれに背せしめよ。
 軍の傍に険阻・こう[水黄]井・葭葦[かい]・山林・えい[艸+翳]薈[わい]ある者は、必らず謹んでこれを覆索せよ、此れ伏姦の処る所なり。


 孫子は言った。
 およそ隊から相手を見るに、山を越えるのなら谷沿いを進み、坂を見ては高みに上り、戦うときには上から攻め下り、下から攻め上がるようなしてはならない。これが山にいる隊の心得である。
 川を渡ればすぐに川から遠ざかり、相手の隊が川を渡ってきたなら、川に入る間に攻めるのではなく、半数が川を渡ってから攻める方に利がある。川を渡ってくる相手と戦う場合は、川岸で迎え撃ってはならない。坂を見つけて高みに上り、川下で迎え撃つようなことをしてはならない。これが川近くにいる隊の心得である。
 沼地を越えるのなら速やかに通過して足を留めてはならない。もし沼地で相手と戦いを交えるのなら、人の飲む水・馬にやる草のあるところに向かい森を背にせよ。これが沼地にいる隊の心得である。
 陸地では足場の良いところにいて、丘は右後ろ、下り坂あるなら前、上り坂があるなら後ろにせよ。これが平地にいる隊の心得である。
 山・河・沼・陸の利のあるところを占める、これが伝説の帝王、黄帝が四人の帝王に勝った理由である。
 およそ軍は高いところ好み、低いところを嫌い、陽を求め、陰を避け、生命を養いてそのために実り豊かな土地にいるもの。これを必勝の条件と言い、多くの病を無くせる。丘陵・堤防では、陽の下にいて、これらを右後ろにする。これが軍の利、地の助けである。
 上流で雨が降り、増水していれば、渡るのをやめ減水するのを待て。
 山と山の間で、水の湧き出ているところ、でこぼこのところ、草が生い茂っているところ、下へ落ちそうなところ、道幅の狭いところ、こういうところからは速やかに去って、近づいてはならない。自分はこういうところから遠ざかり、相手にはこういうところへ近づかせよ。自分はこういうところの向かいにいて、相手にはこういうところを背にするよう仕向けよ。
 山が険しいところで、窪地・葦原(あしはら)・小さな林・草木の密生した暗がりといった隠れ待ち伏せできるところがある場合は、慎重に探索を繰り返せ。嫌な相手が隠れていそうなところだからだ。


   ※ 後半へは次の記事をクリック ↓↓
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ