スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫子 八.九変(前半)

 孫子曰く、
 凡そ兵を用うるの法は、将の命を君より受け、軍を合し衆を集むるに、ひ[土偏に已]地には舎[やど]ることなく、衢地[くち]には交を合わせ、絶地には留まることなく、囲地なら則ち謀り、死地なれば則ち戦う。
 塗[みち]に由らざる所あり。軍に撃たざる所あり。城に攻めざる所あり。地に争わざる所あり。君命に受けざる所あり。
 故に将の九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る。将の九変の利に通ぜざる者は、地形を知ると雖も、地の利を得ること能わず。兵を治めて九変の術を知らざる者は、五利を知ると雖も、人の用を得ること能わず。
 是の故に、智者の慮は必らず利害に雑[まじ]う。利に雑りて而[すなわ]ち務め信なるべきなり。害に雑りて而ち患い解くべきなり。是の故に、諸侯を屈する者は害を以てし、諸侯を役[えき]する者は業を以てし、諸侯を趨[はし]らす者は利を以てす。
 故に用兵の法は、其の来たらざらるを恃[たの]むこと無く、吾れの以て待つ有ることを恃むなり。其の攻めざるを恃むこと無く、吾が攻むべからざる所あるを恃むなり。



 孫子は言った。
 およそ軍事で出撃の命を主より受け、隊を成し人を集め、相手と対峙するまでにおいて、難所では泊まらず、要衝では四方と誼(よしみ)を通じ、異郷では素早く移動し、隘路(あいろ)では抜け出る策をめぐらし、逃げ場がなければ即座に戦う。
 行ってはいけない道がある。戦ってはいけない相手がいる。攻めてはいけない壁がある。奪ってはいけない所がある。そして、従ってはいけない命令がある。
 だから、人の上に立つのなら九つの対応を理解していることが、戦い方を知ることになる。人の上に立つのに九つの対応を理解していない者は、地理に明るくとも、地の利を得ることはできない。人を統率して九つの対応法を知らない者は、五つの地形がもたらす利益のことは知っていても、人を使ってその利益を得ることはできない。
 こうしたわけで、智恵ある者の思慮は必ず利と害をともに見る。利を考えるにも害を考慮すれば事は成し遂げられる。害を考えるにも利を考慮すれば憂いは解消される。そういうことだから、相手を挫折させる場合には害のみを見せ、相手を使役させる場合には利害より仕事そのもののやりがいを見せ、相手を疲れさせる場合には利のみを見せる。
 そこで戦いのやり方としては、相手がやってこないことをあてにするのではなく、自分が待ち構える備えがあることを頼みにする。相手が攻めてこないことをあてにするのではなく、自分に攻められないだけの備えがあることを頼みにするのである。

   ※ 後半へは次の記事をクリック ↓↓
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。