スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫子 七.軍争(前半)

 孫子曰く、
 凡そ用兵の法は、将 命を君より受け、軍を合し衆を聚[あつ]め、和を交えて舎[とど]まるに、軍争より難きは莫し。軍争の難きは、迂を以て直と為し、患を以て利と為す。故に其の途を迂にしてこれを誘うに利を以てし、人に後れて発して人に先きんじて至る。此れ迂直の計を知る者なり。
 故に軍争は利たり、軍争は危たり。
 軍を挙げて利を争えば則ち及ばず、軍を委[す]てて利を争えば則ち輜重捐[す]てらる。是の故に、甲を巻きて趨[はし]り、日夜処[お]らず、道を倍して兼行し、百里にして利を争うときは、則ち三将軍を擒[とりこ]にせらる。勁[つよ]き者は先きだち、疲るる者は後れ、其の率 十にして一至る。五十里にして利を争うときは、則ち上将軍を蹶[たお]す。其の率 半ば至る。三十里にして利を争うときは、則ち三分の二至る。是れを以て軍争の難きを知る。是の故に軍に輜重なければ則ち亡び、糧食なければ則ち亡び、委積なければ則ち亡ぶ。
 故に諸侯の謀を知らざる者は、予め交わること能わず。山林・険阻・沮沢の形を知らざる者は、軍を行[や]ること能わず。郷導を用いざる者は、地の利を得ること能わず。



 孫子は言った。
 およそ軍事で出撃の命を主より受け、隊を成し人を集め、相手と対峙するまでにおいて、戦地先着ほど難しいものはない。戦地先着が難しいのは、迂回するところを直進するように成し、憂いあるところを利があるように成す点にある。よって、その道が迂回路であるのに、相手を利でもって誘い引き寄せ、相手より後から出発するも、相手より先に戦地に至る、これぞ迂回を直進に変える策略を知る者のやり方である。
 戦地先着は有利だ。が、戦地先着をやるのは危険だ。
 全軍を挙げて全員が先着有利を目指しても、結局はできない。遅れる者を捨てて先着有利を目指せば、まず物資輸送隊が捨てられる。こうして鎧を脱いで走り、昼夜もかまわず、倍の長さを強行し、百里先において戦えば、たちまち皆が捕虜となろう。強い者は先に行き、疲れた者は遅れ、十人に一人しか戦地にたどり着けない。五十里先を急げば、前方の指揮官は戦死、たどり着くのは全軍の半数。三十里なら三分の二だ。こんなことしていると物資輸送ができずに敗れ、食糧も得られずに死に、財貨もなく滅ぶのである。
 そこで、各国の主たちの考えが読めなければ、あらかじめ親交を結ぶこともできず、山林の険しさ・河川湖沼の形を知らなければ、隊を進めることもできない。道案内人を使わなければ、地の利を得ることもできない。

 
   ※ 後半は次の記事へ ↓↓
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。