スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫子 六.虚実(前半)

 孫子曰く、
 凡そ先に戦地に処[お]りて敵を待つ者は佚し、後れて戦地に処りて戦いに趨[おもむ]く者は労す。故に善く戦う者は、人を致して人に致されず。
 能く敵人をして自ら至らしむる者はこれを利すればなり。能く敵人をして至るを得ざらしむる者はこれを害すればなり。
 故に敵佚なれば能くこれを労し、飽なれば能くこれを飢えしむる者は、その必ず趨く所に出ずればなり。
 能く千里を行くも畏れざる者は、無人の地を行けばなり。攻むれば而ち必らず取るは、其の守らざる所を攻むればなり。守らば而ち必らず固きは、其の攻めざる所を守ればなり。故に善く攻むる者には、敵 其の守る所を知らず。善く守る者には、敵 其の攻むる所を知らず。微なるかな微なるかな、無形に至る。神なるかな神なるかな、無声に至る。故に能く敵の司命を為す。
 進みて迎うべからざる者は、其の虚を衝けばなり。退きて止むべからざる者は、速かにして及ぶべからざればなり。
 故に我れ戦わんと欲すれば、敵の我れと戦わざるを得ざる者は、其の必らず救う所を攻むればなり。我れ戦いを欲せざれば、地を画してこれを守るも、敵の我れと戦うを得ざる者は、其の之[ゆ]く所に謬[あざむ]けばなり。



 孫子は言った。
 先に戦地にあって相手を待つのは安佚(あんいつ)であり、後から戦地に来て戦いに走るのは疲労する。だから、戦いの巧みな者は、人を動かすことはあっても人に動かされたりはしない。
 相手を相手自身の意思でうまく動かすことのできるのは、相手の利益を見せているからである。相手を相手の自身の意思でうまく帰らせるのことのできるのは、相手の害悪を見せているからである。
 相手が安佚ならこれをよく疲れさせ、相手が満ち足りていればこれをよく飢えさせる。相手の気持ちが向くようなところへ必ず誘いかけているからである。
 千里の道を進んでも危険に遭わないのは、相手のいないところを進んでいるからである。攻めて必ず勝つのは、相手が守っていないところを攻めるからである。守って必ず敗れないのは、相手の攻めないところを守っているからである。だから、攻めの巧みな者にかかると、相手はどこを守ってよいかわからず、守りの巧みな者にかかると、相手はどこを攻めてよいかわからない。繊細な、繊細な。至高は目に見えぬところにまで達する。神業よ、神業よ。至高は耳に聞こえぬところにまで達する。だから、相手の命運を握れるのである。
 こちらが進んでも相手が阻まないのは、相手の弱いところをついているからだ。こちらが退いても相手が止められないのは、遠すぎて手の届かないところまで退いているからだ。
 だから、私が戦いを望めば、相手は必ず応じなければならなくなるのは、相手が必ず救わなければならないところを攻めているからだ。私が戦いを望まなければ、場を決めてそこを守っているも、相手が私と戦えなくなるのは、相手の進むところを見誤らせているからだ。


  ⇒ 後半は次の記事をクリック ↓↓
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。