スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫子 三.謀攻(後半)

  夫れ将は国の輔なり。輔 周なれば則ち国必ず強く、輔 隙あれば則ち国必らず弱し。
 故に君の軍に患うる所以の者には三あり。
 軍の進むべからざるを知らずして、これに進めと謂い、軍の退くべからざるを知らずして、これに退けと謂う。是れを「軍を糜す」と謂う。
 三軍の事を知らずして三軍の政を同じくすれば、則ち軍士惑う。
 三軍の権を知らずして三軍の任を同じうすれば、則ち軍士疑う。三軍既に惑い且つ疑うときは、則ち諸侯の難至る。是れを「軍を乱して勝を引く」という。
  故に勝を知るに五あり。戦うべきと戦うべからざるとを知る者は勝つ。衆寡の用を識る者は勝つ。上下の欲を同じうする者は勝つ。虞を以て不虞を待つ者は勝つ。将の能にして君の御せざる者は勝つ。
 故に曰わく、彼れを知りて己を知れば、百戦して殆[あや]うからず。彼れを知らずして己を知れば、一勝一負す。彼れを知らず己を知らざれば、戦う毎[ごと]に必らず殆うし。



 そもそも軍を指揮する者は国の補佐役である。補佐役が主人と親密なら、その国は必ず強く、補佐役が主と隙間があるなら、その国は必ず弱い。
 そこで主が軍の妨げとなる要因が三つある。
 まず、軍が進むべきでないときを知らずして進めと命令し、退くべきでないときを知らずして退けと命令すること。これを束縛という。
 次に、軍での物事を知らずして指揮官と同じように軍に命令を下すこと。下の者は二重の命令に戸惑う。
 第三に、軍での人事を知らずして指揮官と同じように軍に命令を下すこと。下の者は誰の命令に従うべきなのかを疑う。
 軍が戸惑い疑えば、その隙を狙い敵対する者が現れる。まさに軍を乱して勝ちを遠のかせたのである。
 そこで勝利を予知するのには五つの要点がある。戦うべきとき戦うべきでないとき、その区別を知る者は勝つ。力の大きいとき小さいとき、それぞれの戦い方を知る者は勝つ。上の者と下の者とが目標を共有していれば勝つ。策略を目ぐらし、それを知らない相手を待ち伏せする者は勝つ。指揮官が有能で、その上の者が指揮官に干渉しなければ勝つ。
 したがって戦いは、相手の真実を知り、自分の真実を知っていれば、百度戦っても危険ではない。相手の真実を知らずして自分の真実のみを知れば戦いは五分であろう。相手の真実を知らず自分の真実を知らなければ、戦うごとに危険だ。

※上記の文章は書き下し文・訳文とも、編集者のチェックが入っておりませんので不完全です。下記の書籍を参照していただければありがたいです。

☆饗庭の「孫子」本
『進路に悩んだら読む
 16歳からの「孫子」
(彩流社)
ジュンク堂はじめ全国の大型書店やブックファーストにて絶賛発売中!


☆饗庭の面接本
『堂々面接回答 ザ・クール・アンサー』(新曜社)
ジュンク堂はじめ全国の大型書店や各大学の生協にて絶賛発売中!


プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。