スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫子 三.謀攻(前半)

 孫子曰く、
 凡そ用兵の法は、国を全うするを上と為し、国を破るはこれに次ぐ。軍を全うするを上となし、軍を破るはこれに次ぐ。旅を全うするを上となし、旅を破るはこれに次ぐ。卒を全うするを上となし、卒を破るはこれに次ぐ。伍を全うするを上となし、伍を破るはこれに次ぐ。
 是の故に百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。
 故に上兵は謀を伐つ。其の次ぎは交を伐つ。その次は兵を伐つ。その下は城を攻む。攻城の法は、已むを得ざるが為めなり。
 櫓・フン[車賁]オン[車温-水]を修め、器械を具うること、三月にして後に成る。踞[キョ]イン[門西土]又た三月にして後に已わる。将 其の忿[いきどお]りに勝[た]えずしてこれに蟻附[ぎふ]すれば、士卒の三分の一を殺して而も城の抜けざるは、此れ攻の災いなり。
 故に善く兵を用うる者は、人の兵を屈するも而も戦うに非ざるなり。人の城を抜くも而も攻むるに非ざるなり。人の国を毀[やぶ]るも而も久しきに非ざるなり。必らず全きを以て天下に争う。故に兵頓[つか]れずして利全うすべし。此れ謀攻の法なり。
 故に用兵の法は、十なれば則ちこれを囲み、五なれば則ちこれを攻め、倍すれば則ちこれを分かち、敵すれば則能[すなわ]ちこれと戦い、少なければ則能ちよくこれを逃れ、しからざれば則能ちこれを避く。故に小敵の堅は、大敵の擒なり。


 孫子は言った。
 およそ戦いとは、敵国をそのままにして勝つのが最善であり、敵国を打ちのめして勝つのは次善のことである。一軍をそのまましてに勝つのが最善、一軍を打ちのめして勝つのは次善、大隊ををそのままにして勝つのが最善、大隊を打ちのめして勝つのは次善、中隊をそのままにして勝つのが最善、中隊を打ちのめして勝つのは次善、小隊をそのままにして勝つのが最善、小隊を打ちのめして勝つのは次善、なのである。
 すなわち、百戦百勝は最善ではない。戦わずして勝つ、これぞ最善である。
 よって、戦いの最善は敵の作戦を未然に破綻させる、次善は敵と敵の友との友好を断ち切る、第三は敵と真っ向勝負することで、最悪なのは敵が守りを固めているところを攻めることである。 
 守りを固めている城を攻めるために、対城用装甲車を配備し、対城用兵器を装備するのには三ヶ月を要する。陣地造営にも三ヶ月を要する。指揮官が怒りを堪えられず、武器・兵器の完備を待たずして力押しすれば、兵力の三分の一を失うも城を落とせない。これが城攻めの災厄だ。
 だから、軍を率いるのに巧みな者は、勝つにしても直接戦うのではなく、城を落とすにしても直接城を攻めるのではない。国を得るにしても長々と戦って勝ったのではない。必ずそのままにして勝つことを最善として、この天下で戦うのである。そうするからこそ、軍は疲弊せず、利益はその完全なままで得られる。これが策略をもって攻めるということである。
 そこで戦いの原則としては、こちらの力が相手の十倍なら相手を包囲する、五倍なら相手を攻撃する、二倍なら相手を分断させ、互角なら力勝負となる。こちらの力が相手より小さいのなら上手く逃げ、、力がまったく及ばなければ戦いを避ける。ここで力が小さいのに頑なに勝負をすれば、相手の大きさに飲み込まれてしまう。


   ※後半は次の記事をクリック↓↓

※上記の文章は書き下し文・訳文とも、編集者のチェックが入っておりませんので不完全です。下記の書籍を参照していただければありがたいです。

☆饗庭の「孫子」本
『進路に悩んだら読む
 16歳からの「孫子」
(彩流社)
ジュンク堂はじめ全国の大型書店やブックファーストにて絶賛発売中!


☆饗庭の面接本
『堂々面接回答 ザ・クール・アンサー』(新曜社)
ジュンク堂はじめ全国の大型書店や各大学の生協にて絶賛発売中!


プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。