孫子 二.作戦(前半)

 孫子曰く、
 凡そ用兵の法は、馳車千駟・革車千乗・帯甲十万、千里にして糧を饋[おく]るときは、則ち内外の費・賓客の用・膠漆の材・車甲の奉、日に千金を費やして、然る後に十万の師挙がる。
 其の戦いを用[おこ]なうや久しければ則ち兵を鈍[つか]らせ鋭を挫く。城を攻むれば則ち力屈[つ]き、久しく師を暴[さら]さば則ち国用足らず。
 それ兵を鈍らせ鋭を挫き、力を屈くし貨を殫[つ]くすときは、則ち諸侯其の弊に乗じて起こる。智者ありと雖も、その後を善くすること能わず。
 故に兵は拙速なるを聞くも、いまだ巧久を睹[み]ざるなり。それ兵久しくして国の利する者は、未だこれ有らざるなり。故に尽く用兵の害を知らざる者ば、則ち尽く用兵の利をも知ること能わざるなり。



 孫子は言った。
 およそ軍事は、軽戦車千台、重戦車千台、歩兵十万人、これらを擁し、千里と兵糧を送るのなら、民・公の負担、使節の接遇、膠(にかわ)・漆(うるし)の調達、兵器・武具の供給、これらに日ごと千金を費やすもの。そうして初めて十万の軍は動く。
 それらが戦うとき、時を費やせば兵は疲れ鋭気は挫き、城を攻めれば力は尽き、無駄に待機ばかりしていては国の予算は不足する。
 兵は疲れ鋭気は挫き、力尽き金尽きれば、その疲弊に乗じて攻めてくる者が現れる。智恵ある者と言えども、この状況を良くすることはできない。
 だから、軍事行動は、拙くも速い、ということはあっても、巧く遅い、ということはない。そもそも軍事が長引き国家が利益を得る、そういうことはいまだかつてあったことはない。このように、軍事に伴う負の部分を知り尽くさない者に、その軍事から生まれる利得も知り尽くすことはできないのである。


   ※後半は次の記事をクリック↓↓
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ