孫子 二.作戦(後半)

 善く兵を用うる者は、役は再び籍[せき]せず、糧は三たびは載[さい]せず。用を国に取り、糧を敵に因る。故に軍食足るべきなり。
 国の師に貧なる者は、遠師にして遠く輸[いた]せばなり。遠師にして遠く輸さば、則ち百姓貧し。近師なるときは貴売すればなり。貴売すれば則ち財竭[つ]く。財竭くれば則ち以て丘役に急にして、力は中原に屈[つ]き用は家に虚しく、百姓の費、十にその七を去る。公家の費、破車罷馬、甲冑弓矢、戟楯矛櫓、丘牛大車、十にその六を去る。
 故に智将は務めて敵に食む。敵の一鍾を食むは、吾が二十鍾に当たり、キ[艸己心]カン[禾干]一石は吾が二十石に当たる。
 故に敵を殺すものは怒なり。敵の利を取るものは貨なり。故に車戦にして車十乗以上を得れば、其の先ず得たる者を賞し、而してその旌旗を改め、車は雑[まじ]えてこれに乗らしめ、卒は善くしてこれを養わしむ。是れを敵に勝ちて強を益[ま]すと謂う。
 故に兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず。
 故に兵を知るの将は、生民の司命、国家安危の主なり。



 軍を率いるのに巧みな者は、二度も民を軍に徴収したり、三度も兵糧を戦線に送ったりはしない。費用は国内にて賄い、食料は敵地にて賄う。だから、兵糧は確保できる。軍事が国を貧しくするのは、軍が国内の物資を遠くまで持っていくからだ。
 遠くへの物資補給は民を貧しくさせる。が、近ければ近いで物資を軍に高く売ろうとする者が現れる。そうして物価が高騰すれば、予算が底をつき、税を上げることになる。
 こうして、国外で軍が力尽き、国内で財が尽きれば、民の日々の糧は十の内その六が奪われる。国の支出も、戦車・軍馬、剣槍・弓矢、鎧兜に楯、牛に荷車、それら十の内その七が奪われる。
 だから、智恵ある者はできるだけ敵地のものを食べようとする。敵地での食料は自前の二十倍に相当し、敵地での物資調達も自前の二十倍の価値がある。
 だから、敵の兵を殺すのは怒りのためとなるが、敵のものを取るのは利のためということになる。たとえば、敵の戦車を十台以上奪取できたなら、最初に奪取した者にそれを賞として与え、そこについている旗を自軍のものと取り換え、自軍の戦車と合わせて乗らせ、その部隊を厚遇する。これぞ敵に勝って強力になるということだ。
 よって、戦いは勝ちを良しとし、長引くを良しとしない。そうだからこそ、そういう戦いのことを良く知る者は民の死生を左右し、国の存亡を主導する者となるのだ。

※上記の文章は書き下し文・訳文とも、編集者のチェックが入っておりませんので不完全です。下記の書籍を参照していただければありがたいです。

☆饗庭の「孫子」本
『進路に悩んだら読む
 16歳からの「孫子」
(彩流社)
ジュンク堂はじめ全国の大型書店やブックファーストにて絶賛発売中!


☆饗庭の面接本
『堂々面接回答 ザ・クール・アンサー』(新曜社)
ジュンク堂はじめ全国の大型書店や各大学の生協にて絶賛発売中!


プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ