孫子 一.計(前半)

孫子曰く、
 兵とは国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。故にこれを経[はか]るに五事を以てし、これを効[あき]らかにするに計を以てし、以って其の状を索[もと]む。
 一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法。
 道とは、民をして上と意を同じゅうせしむる者なり。故にこれと死すべく、これと生くべくして、詭[うたが]わざるなり。
 天とは、陰陽・寒暑・時制なり、順逆・兵勝なり。
 地とは、高下・広狭・遠近・険易・死生なり。
 将とは、智・信・仁・勇・厳なり。
 法とは、曲制・官道・主用なり。
 凡そ此の五者は、将は聞かざることなきも、これを知る者は勝ち、知らざる者は勝たず。
 故に、これを効らかにするにするに計を以てして、其の情を索む。
 曰く、主は孰れか賢なる、将は孰れか能なる、天地は孰れか得たる、法令は孰れか行なわる、兵衆は孰れか強き、士卒は孰れか練[なら]いたる、賞罰は孰れか明らかなると。吾れ此を以て勝負を知る。
もし吾が計を聴かば、これを用いて必ず勝つ、これに留まらん。もし吾が計を聴かざれば、これを用うるも、必ず敗る、これを去らん。計、利として以て聴かるれば、乃ちこれが勢を為して、以て其の外を佐[たす]く。勢とは利に因りて権を制するなり。



 孫子は言った。
 戦いは国の一大事である。死ぬか生きるか、残るか滅ぶか、どこでどんな道を選ぶかは考えないわけにはいかない。だから、それを考えるための五つの視点を用い、答えを明らかにするための戦略を意識し、よって実情を認識するのである。
 その五つの視点とは、第一に「道」、第二に「天」、第三に「地」、第四に「将」、第五に「法」である。
 「道」とは、下の者と上の者がその思いを一体にしているということである。思いが同じだからこそ、死ぬも生きるも共にすることを、下の者は疑わないのである。
 「天」とは、昼と夜、暑さ寒さ、そういった時と気の移り変わりのこと。自然の流れに従うか逆らうか、その流れを見極めて得られる勝利のことである。
 「地」とは、高さ低さ、広さ狭さ、遠さ近さ、険しさ易さ、そして自分が生かせる場か死ぬ場か、そういうことである。
 「将」とは、人としての力、すなわち、知恵はあるか、信頼されているか、思いやりがあるか、勇気があるか、厳しさをもっているか、そういうことである。
 「法」とは、それぞれの立場、権限、そして規律のことである。
 およそこの五つの視点は、人の上に立つ者なら誰でも聞き覚えはあるだろう。しかし、この五つの視点の本当の意味を知っているだろうか。それを知らない者は勝利を得られないのだ。
 だから、その答えを明らかにするための戦略を意識し、よって実情を認識するのである。
 つまり、指導者はどちらが優れているか、能力はどちらが上か、時と場はどちらが有利か、規律はどちらが守られているか、どちらかが多数か、どちらが経験豊かか、与えられるものと奪われるものはどれほど明らかか。そういったことで、どこでどんな道を選ぶかを知るのである。
 もし君が、私の戦略を理解するのなら、この戦略によって君は必ず勝つ。そのために私もここにいよう。もし君が、私の戦略を理解しないのなら、この戦略通りに動いても必ず敗れるだろう。私もここから去ることになる。この戦略には得るものがあると理解するのなら、そこから勢いを成して、周囲の状況を整える。勢いとは、自分の得ているものにしたがって、未来を自分の思いのままにする力のことである。

   ※後半は次の記事をクリック↓↓

※上記の文章は書き下し文・訳文とも、編集者のチェックが入っておりませんので不完全です。下記の書籍を参照していただければありがたいです。

☆饗庭の「孫子」本
『進路に悩んだら読む
 16歳からの「孫子」
(彩流社)
ジュンク堂はじめ全国の大型書店やブックファーストにて絶賛発売中!


☆饗庭の面接本
『堂々面接回答 ザ・クール・アンサー』(新曜社)
ジュンク堂はじめ全国の大型書店や各大学の生協にて絶賛発売中!


プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ