身振り・手振りはダメ?@草稿

ケース1の3:面接される人との面談

 ー 私は民間と公務員の両方を受けるのですが、民間では面接の受け答えの際、少し身振り手振りがあったほうがいい、ところが、公務員の面接では手振りなどは嫌われるから、じっとコブシを握って膝の上においた方がいいと聞きました。私、結構、手振りを交える癖があるのですけど、矯正したほうがいいですか。

 ー そんなこと、どこで聞いたのか知らないけど、おそらく手振りがダメと言う人の頭の中では、極端な動きが想定されているのだと思う。どんなものにも適度というものがある。手振りにしろ、あるいは良いとされている笑顔にしろ、極端なもの、つまり不自然なものがダメなのだ。君の板についてない言動がダメなだけだ。普段から手振りが自然につけているなら、そうすればいいし、いつもコブシを握っていて全然手を動かさないのなら、それで行けばいい。要は普通に会話してくれればいいのだ。自分のキャラに合った言動を行えばいいのだ。だから余計な心配はするな。
 それに、手振りを嫌うかどうかは民間・公務員に関係なく、面接官による。ただ面接官が「手振りは嫌いだから」だという理由で落としたのなら、それは能力を見究めず、好悪の感情で反応したことになるから、面接官が悪い。もし、それで落とされたのなら返ってよかったではないか。そんなことで判断する組織などロクなところではない。手振りは君の本質ではないのだ。

☆饗庭の面接本
『堂々面接回答 ザ・クール・アンサー』(新曜社)
全国の紀伊国屋書店・各大学の生協にて絶賛発売中!

(紀伊国屋書店以外の大型書店でも発売中)
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ