スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大津高校 進路

本日はお疲れ様でした。以下に参考図書・講演のまとめを記します。質問などの連絡先も載せますので、遠慮なくこの饗庭 悟(あえば さとる)を使ってください。感想なども送っていただければ嬉しいです。

【 参考図書 】

 以下に進路や働くことを考えるヒントになりそうなものを列挙します。個人的には余り好きでない著作もありますが、皆さんには参考になりそうだと言うことで挙げました。本を読む習慣をつけるきっかけになればと願っております。


『 時間と学費をムダにしない大学選び2014 - 最辛大学ガイド 』(中央公論新社)石渡 嶺司・山内 太地
~ 「最辛」は間違って表記しているのでない。大学・学部選びのための図書の中で最も辛口で、尚且つ最も信用の置ける著作。

『 図解 自分の才能の見つけ方 』(フォレスト出版)本田健

『 お金と人を引き寄せる50の法則 』(PHP研究所)千田琢哉

『 非属の才能  』(光文社新書)山田玲司



【 講演内容まとめ 】

・自分がどう見られているかではなく、また自分が相手をどう見ているかではなく、全く自分を抜きにして、他者の価値観をまずは知ろうとする。その上でできるだけ合わせていく。そして手を差し伸べる。働くとは結局他者の望みが叶うお手伝いをすること。

・好き嫌いではなく、納得できる・できないではなく、与えられた場で与えられた仕事について成果を挙げる。好きなことができる人、納得した仕事に就ける人、幸せになる人とというのは、そういう人。だから、進路選択のために今何ができるか考えるよりも、高校生として勉強・活動で成果を挙げよ。(そのうえで、将来のことを考え続けることは大切。結論は出さなくていいから、思考しつづけよ。)

・高校生としてきちんと勉強に励んだ上で、偉い人の言葉に触れよ。本を通じてであれ、対面であれ、もっと大人に触れよ。そうして世界を知れ。自分の可能性は未だ自分の視野に入っていない世界にあってもおかしくないのだ。



☆ 質問先は

 aebasatol@yahoo.co.jp またはこちら

へお願いします。
    <あなたからの質問、お待ちしております>
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。