どんなに就活が忙しくても止めない@面接名言

<スクリプト>

面接官「当社に採用されるにふさわしい人材とは、どのような人であるとあなたはお考えですか。」

応募者「はい、私が考える御社にふさわしい人材とは、この業務は何よりもお客様からの信用を大切にしなければなりませんので、絶対に信用を裏切らない人間だと思います。」

面接官「その通りです。では、あなた自身がそういう当社にふさわしい人材であることを、現在行っている行動で証明してもらえませんか。」

応募者「現在の行動で、ですか・・・。分かりました。今、私は塾講師のアルバイトをしております。今働いている塾では他のバイトさんが就職活動に忙しいとの理由で辞めたり仕事を減らしたりしています。しかし私は就職活動を理由に辞めたり減らしたりしません。私のことを認めてくれて多くの授業を担当させてくれた塾長さんの信用に答えなければなりませんし、自分のことを信用してくれる生徒さんの世話を自分の都合で放棄することなんてするべきではないと考えているからです。」


<注釈>

 過去の行動実績は当然、自分をアピールする材料となりますし、だからこそ面接官も頻繁に尋ねてくるのですが、過去はやはり過去です。今現在何をしているのか。それを問われた時に就職活動だけにかまけている器の小さい学生にはなってほしくありません。『私は御社にふさわしい人材である』とアピールするなら、今この日常の中の行動で証明できるよう、普段の生活を意識的に洗練させるべきです。この忙しい就職活動中だからこそ、この将来を左右する活動の最中だからこそ、日常生活全てが「最も力をいれて取り組んだ活動」であるべきなのです。


何も資格をもっていません@面接名言
この大学に入って後悔してる?@面接名言
好きな言葉のチョイス@面接名言
志望業界を正しく選択する前提@「就活ワークショップ」
エピソードは些細なことで良い、ただし・・・@「就活ワークショップ」
社会人と責任(社会人と学生の違い)@「就活ワークショップ」


「就活ワークショップ」ご案内
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ