スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩義を感じるタイプかどうか(家庭環境を知る)@面接官トレーニング

<スクリプト>

面接官「あなたが今まで生きてきた中で、恩義を受けたといえる人物は誰ですか。」

応募者「そうですね。私が大学受験の時に通っていた塾の先生にはご恩があると感じています。」

面接官「どんなご恩か、できるだけ簡単におっしゃっていただけませんか。」

応募者「はい、できるだけ簡単に言うと・・・、私は大学受験のとき、自分が決めた進路を周囲の人全てに反対されたのですが、この先生だけが私の味方になってくれて、しかも具体的にどうやってその進路に進むべきかを教えてくれました。」

面接官「それは良い人に出会いましたね。そこで次の質問ですが、そんな大恩ある方にあなたはどんな形でご恩返しをしましたか。いえ、あなたは学生ですからそんな大層な恩返しでなくても、些細なことでも良いんですよ。ただ、この質問の回答にはできるだけ細かく答えていただけませんか。」


<注釈>

 人から助けてもらったことを素直に感謝できるかどうかは、人間性を見る上において重要な要素です。ただし、ここで肝心なことは、どんなに些細なことでも良いから、その感謝を行動で表しているかどうか。このような報恩精神のある人材は組織への貢献度も高いものです。よって、スクリプトにあるように、どんな恩を受けたかよりも、それに対してどんな風に報いたかを詳しく聞くべきでしょう。
 そして、これは2回質問した方が良いです。「今挙げてくれた人以外で他にご恩を受けた方はいらっしゃいますか」という具合です。
 特に、応募者が最初に挙げる人物として両親を挙げたときは要注意です。両親以外であと2人挙げてもらいましょう。もし、両親以外で複数人を挙げられないとなると、その人物は内向きな人間か、恩を感じる気持ちのない人間です。
 この質問によって、応募者の忠誠心が伺えます。組織への忠誠心はもちろん雇う側の配慮によって育まれるものですが、一方でどんな恩義を与えても、それを忘れる、もしくは裏切る人は少なからずいます。義理堅さに欠ける、組織への忠誠心を元からもてない人物というのは必ず組織に害をなします
 その意味でこの質問は、大学受験に関する質問影響を受けた人物についての質問と並んで、新卒採用面接における三大重要質問と言えましょう。
 なお、先ほども述べましたとおり、この質問の最初の回答に『両親』を挙げる人は当然多いでしょう。それはそれで、その応募者がどんな家庭環境の中で育ったかを知るチャンスです。やはり人格形成は家庭によるところが大きいものです。それを合わせると、この質問は2つのポイントを把握することができるということで重要な質問と言えます。



☆饗庭の面接官トレーニングが出版決定


時間にルーズでないかどうかをチェックする@面接官トレーニング
影響を受けた人物は応募者の核心@面接官トレーニング
応募者の過去最大の試練は大学受験@面接官トレーニング
大学での学業は詳しく尋ねるべき@面接官トレーニング
キャリア・ビジョンを尋ねたいのなら@面接官トレーニング



面接官トレーニング講座・面接官研修
 ⇒ 饗庭 悟(アエバ サトル/AEBASATOL)へのお問い合わせはこちら、または aebasatol@yahoo.co.jp 
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。