漢字一字にたとえると @面接名言

<スクリプト>

面接官「君のことを漢字一字で表すと何になるかな。」

応募者「『実』または『直』です。」

面接官「ん、君は実直な人柄だと言いたいのかな。」

応募者「いいえ、そういうことではりません。これは私のモットーを漢字で表したものです。私は常に現実的であれ、実質に従え、というのをモットーにしていますので『実』と言いました。これは自分の感情や希望・思い込みで物事を見るのを防ぐためです。」

面接官「では『直』の方は。」

応募者「『直』は物事に直接アプローチせよ、という私のモットーを表しております。例えばこの就職活動にしても発表されている媒体や他人の話だけでは真『実』は見えません。やはり何に対してもまずは自分の足を使わないと。それに『直』には正直であれ、という意味も含んでいます。」


<注釈>

 好きな言葉であれ、尊敬する人物であれ、この漢字一字であれ、こういう類の質問に対する返答は、君の価値観、君の日常における判断基準、君の行動原理、すなわち「君が何者であるか」、それを示すことになります
 求職活動とは無関係に、自分の思考行動の原則を整理・洗練することは良いことですから、それらをモットーなり哲学なりといった形で「短くフレーズ化」して幾つか持っておくべきでしょう。

☆饗庭の面接本
『堂々面接回答 ザ・クール・アンサー』(新曜社)
全国の紀伊国屋書店・各大学の生協にて絶賛発売中!

(紀伊国屋書店以外の大型書店でも発売中)

「就活ワークショップ」ご案内
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ