上司から納得できない命令が下されたら、どうする?@面接名言

<スクリプト>

面接官「上司から納得いかない命令をあなたが受けたとしましょう。その時どうしますか。」

応募者「未熟な自分が納得するかしないかは関係ないと思いますので、当然、上司の命令に従います。」

面接官「そうは言ってもですね、やはり人間ですからいろいろな感情が湧きますよね。その命令を実行している最中にも、自分の中の疑問が押さえ切れなくなることがあると思うんですが。そういう疑問は上司には言わないおつもりですか。」

応募者「もし、上司に何か反論めいたことを言う場合は、必ず対案を用意します。ただのダメ出しなら誰でも出来ますし、そうやって疑問を言うだけではただ文句を言っているだけになりがちですので、自分なりのアイデアをまとめていきます。」

面接官「良い対案が用意できなかったら、どうします。」

応募者「その時はどんなに納得できない命令でも従います。」


<注釈>

 逆らえぬ相手に対しては沈黙するしかない、ということです。また、「権限と責任」を持たぬ者にそもそも意見する資格はない、ということでもあります。対案を示す場合も控えめでありたいものです。

☆饗庭の面接本
『堂々面接回答 ザ・クール・アンサー』(新曜社)
全国の紀伊国屋書店・各大学の生協にて絶賛発売中!

(紀伊国屋書店以外の大型書店でも発売中)

「就活ワークショップ」案内

プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ