スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長所と短所を表裏一体で答えてみる@面接名言

<スクリプト>

面接官「あなたの長所と短所をひとつづつ挙げていただけますか。」

応募者「長所と短所は表裏一体であり、ひとつの長所は場合によっては短所に、短所は長所になりえます。したがって、その二つを分けて述べるのは難しいです。

面接官「では答えられないということでよろしいですね。」

応募者「と、このように与えられた課題に常に疑問をもち、物事の本質を見出そうとするのが私の長所です。短所は少々理屈っぽくなるところでしょうか。ただ、理屈と言いますか、論理は述べる場面や相手を考えて話すようにして、そんなに致命的な短所にはならないよう注意しています。」


<注釈>

 考えて見れば、人が持っている特徴は場合によって長所にも短所にもなりえます。ですからこのように、長所と短所と分けて考えず、自分の性質ひとつを両側面から考えて回答を用意するというのも考え方の一つです。
 この長所と短所に関しては他にも様々な「正解」がありますので、他の記事も参照してください。
 なお、私は面接官側を指導する立場として、短所をストレートに尋ねるのは高級な質問ではないと考えております。


☆饗庭の面接本
『堂々面接回答 ザ・クール・アンサー』(新曜社)
全国の紀伊国屋書店・各大学の生協にて絶賛発売中!

(紀伊国屋書店以外の大型書店でも発売中)
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。