スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味がないので返答に困るのなら@面接名言

<スクリプト>

面接官「趣味の欄に『料理』とかいているけど得意料理は何。」

応募者「得意料理はありません。実は最近まで趣味と呼べるものは私にはありませんでした。私が就職活動を意識したのが比較的遅くて半年前からなのですが、その時に自分には趣味と呼べるものがないことが恥ずかしく思いました。そこから反省して、趣味と呼べるもので役に立つものということで料理に取り組みました。今は美味しい出し巻き卵を研究しています。塩・胡椒をどれだけにするかなどをいろいろ試しています。いつか堂々と料理が趣味・特技と言えるようになりたいです。」


<注釈>
 趣味に限らず何に対してもそうですが、どんなに忙しくても即座に行動に移して己の成長を図るべき。「今まで何もしてない」と思うのなら、今からでもやる。趣味にしても『そんなもんない』と思うのなら、「反省して」今から作っていく。この「反省」というのは、困った質問に対するキーワードになるでしょう。
 ちなみに趣味と特技の違いは、「下手でも(知識不足でも)好きなら」趣味、「好きじゃなくても得意なら」特技、となります。


☆饗庭の面接本
『堂々面接回答 ザ・クール・アンサー』(新曜社)
全国の紀伊国屋書店・各大学の生協にて絶賛発売中!

(紀伊国屋書店以外の大型書店でも発売中)
プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。