推薦/AO入試 個別プロデュース指導 小論文・面接 予備校講師直伝

  ○絶対に合格できる小論文を書きたいという受験生
  ○面接に不安をお持ちの受験生
  ○志望理由書や自己推薦書に何をどう書けば良いか悩まれている受験生


 ⇒ 進学・就職のプロ、高校での出張講義や予備校でも実績を挙げている実力派講師のプロデュース指導を受けてみませんか。

   [ ご依頼・お問い合わせは、 aebasatol@yahoo.co.jp まで ]




      ≪ 推薦・AO入試:個別プロデュース指導 ≫ 
 ~ 小論文・面接・志望理由書・自己推薦書・プレゼンテーション・討論 ~

            ( ☆ 一般入試にも対応 ☆ )


 AEBASATOLの個別プロデュース指導、その特長は

⇒ 単に添削するだけでなく、書く内容や表現を直接与えていくところです。

 他の指導は、小論文や志望理由書の書き方を伝えたり、添削する際に『この部分はもっと具体的に』といったアドバイスをするだけです。『もっと具体的に』と言われても、何を書けば良いか困りますよね。それこそ具体的に教えて欲しいものです。

 プロデュース指導は、あなたが書いた言葉をもとに、こちらでライティングしていきます。
 面接での受け答えや小論文での意見など、内容はもちろん表現法も細かく与えていきます。指導というよりはこちらでプロデュースして与えるといった感じですので、プロデュース指導と称しています。

 個別プロデュース指導を受けた後は、あなたが私の作成した文章を自分のものにしていきます。そのために、私の言葉を、何度も書いたり、声にして発したりすることで、あなたの頭と身体にしみ込ませていくのです。そうなった時、それはもう私の言葉ではなく、あなたの言葉です。あなたが言いたかったこと、言うべきことを、最も的確に表した言葉が、あなたのものとなるのです。


 どのようにして個別プロデュース指導をするのかと申しますと


⇒ メールを使って行います。

 毎週日曜日を締め切りとして、その日までに送信された小論文、面接想定質問への回答、志望理由書などを私がプロデュースして、次の水曜日に返信します。
 もしプロデュースするためのあなたからの言葉に不足があった場合は、具体的な指示とともに書き直しを指導します。
 また、必要に応じて対面個別指導・電話指導も行います。


 何をプロデュースするのかと申しますと

⇒ あなたが推薦・AO入試を受験するのに必要な事柄、まとめて全部です。
 ☆一般入試に対応する場合も同様☆

 あなたが私に個別プロデュース指導の依頼をした場合、面接・小論文などの区別はいたしません。1回の依頼で全て一括してプロデュース指導いたします。志望理由書も自己推薦書も、またプレゼンテーションや討論がある場合も、全て指導します。依頼していただいた限りは絶対に合格させるために、まとめて面倒を見るということです。


 特に小論文を見て欲しいという方には

⇒ 課題文型小論文や図表型小論文については、問題をこちらから自宅へ送付します。

 送料別途250円必要となります。テーマ型の場合は問題を当ブログに掲示します。

⇒ あなたが添削してほしい過去問を指定することも可能です。

 その場合はあなたが用意した問題をこちらへ送付していただきます。


 模擬面接をして欲しいと思っている方には

⇒ 追加料金はいただかずサービスとして行います。

 ただし、模擬面接は当然、対面指導となりますので、私があなたのもとへ出向くにしろ、あなたに私のもと(大阪の梅田)へ来ていただくにしろ、別途の経費はかかります。私が経費をかける対面指導の場合は事前に金額をお伝えしたうえで請求します。
 しかしながら、これはあくまであなたが希望した場合の模擬面接であって、正直なところ私は模擬面接を重視しておりません。過去の指導経験上、模擬面接という面接ごっこをするより、面接で発言する中身を受験生と一緒に考えた方が効果があるからです(受験生の満足度もその方が高かったです)。理解していただきたいのは、いくら面接の練習をしても発言に中身が伴っていなければ合格はできないのです

 それに模擬面接は身近な大人にお付き合いしてもらえます。私はプロの面接官(そして面接官指導員)ですが、そんな私にどうしてもして欲しいという場合でもなければ、学校の先生にしてもらえます。
 むしろ、私のプロデュースのもとに一緒に考えた言葉を、学校の先生との模擬面接で発言する練習をして欲しいのです。私としてはそうした学校の先生と連携がとれている指導をしたいと考えております。

 なお、依頼があればプレゼンテーション・討論の指導も行います(むろん対面のみでの指導となります)。それらの指導も模擬面接と同じ条件で行います。


 どれくらい指導するのかと申しますと

⇒ 1回の依頼で期間内なら無制限です。

 先程も紹介しましたように、個別プロデュース指導はメールを中心に行います。あなたからのメール送信は毎週日曜日が締め切り。次の水曜日にこちらから返信するという形をとります。期間内なら毎週送信していただいて構いません。また、対面及び電話指導や質問メールへの返答についても、特に制限を設けず随時行います。

 個別プロデュース指導の期間は、9月から11月最終日曜日送信分までとします。
 一学期や夏休み期間中の申し込みも可能です。8月まではプロデュース指導を行いませんが、夏までに行うべき指示や宿題は与えます。追加の料金はありません。夏までに小論文・面接の添削・指導(講義を除く)にて料金をいただくのは良心的ではないと考えておりますので。 (8月までプロデュース指導をしない理由は申し込み時にお伝えします。)
 ☆一般入試の面接や小論文も対応可能。その場合の期間は一般入試終了まで☆


 わたくし饗庭悟への個別プロデュース指導を依頼する場合は

⇒ aebasatol@yahoo.co.jp へ。

 お申し込みの際は以下の内容を送信してください。
 件名 『個別プロデュース指導の依頼』
 本文
  〔1〕お名前
  〔2〕所属(あるいは出身)高校名
  〔3〕志望大学・学部名
  〔4〕依頼内容
  〔5〕アエバ サトルの講義をうけたことがあるかどうか
  〔6〕保護者の方の承認があるかどうか
  〔7〕自分のことについて私へ特に言っておきたいこと




推薦・AO入試:個別プロデュース指導
【内容】 小論文・面接・志望理由書・自己推薦書のメールによるプロデュース指導
     質問メール受付(無制限)
     模擬面接・プレゼンテーション・討論の演習(経費のみ発生)
     対面指導・電話指導(場所・日時の制限あり、追加料金なし)
     緊急の添削・指導依頼にも対応(合格の場合のみ礼金志納)

【依頼料】  30000円

【回数】 9月より毎週

【期間】 11月末まで、申し込みは随時
   ※ 12月以降は別件の依頼となります。期間は一般入試終了まで。依頼料は上に同じ。

【ご依頼】 メールにて。件名に『個別プロデュース指導の依頼』、本文に〔1〕お名前〔2〕所属(あるいは出身)高校名〔3〕志望大学・学部名〔4〕依頼内容〔5〕アエバ サトルの講義をうけたことがあるかどうか〔6〕保護者の方の承認があるかどうか〔7〕自分のことについて私へ特に言っておきたいこと、以上をご記入の上、 aebasatol@yahoo.co.jp まで。



 あなたの志望大学合格をプロの知見と技術で強力にバックアップします。ご依頼していただければ、大学入学後の生活の仕方も就職活動の観点からアドバイスできます。一人でも多くの方とご縁があることを祈っております。

                      饗庭 悟 (アエバ サトル/AEBASATOL)

プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ