『就活ワークショップ』のためのポリシー・フレーズ:言葉編(3)

※ この記事は紙での書籍化を前提とした草稿である。記述スタイルは<ポリシー・フレーズ>を中心にしたものとなっている。<ポリシー・フレーズ>に関してはこちら、『就活ワークショップ』についてはこちら、その他についてはホームを参照。→その他のポリシー・フレーズへのリンク(一部)。



(言葉の組み合わせ方がわからないという質問に対して)

矛盾とは人間性の幅広さでもある。

※人は誰でも矛盾した心根を併せ持っている。あえてそういう自分の特徴を拾い出して組み合わせて見るのも良かろう。「大胆かつ緻密」とか。



(自分を説明する言葉が上手く見つからないという人に対して)

説明とは言い換えである。
〔説明とは多くのフレーズでたった一つのことを伝える行為である〕


※自己アピール編でもいくつか具体例を示したが、何かを説明する時は言葉を掘り下げなければならない。掘り下げとは、ひとつの内容をもつ言葉を何度も言い換えるということである。『私は冷静な人間』では自分が何者かは伝わらない。君の言う『冷静』とは何なのか。『感情を押し殺す力がある』なのか、『論理性・合理性を優先する信念を持っている』なのか、その他なのか。さらにこれをまた置き換える。行き着く先はエピソードである。具体性はこのようにして生み出していく。とにかく、思考を止めるな。徹底的に考えよ。

プロフィール

饗庭 悟 : AEBASATOL

Author:饗庭 悟 : AEBASATOL
自己紹介

☆お問い合わせは
aebasatol@yahoo.co.jp

カテゴリ